幸せ洗濯機 生活
洗濯機 トップページ 匠の工事 購入から取付完了の流れ 購入依頼 会社案内
終わらない布団のダニ退治 私なら確実に退治できます
素人はだませても洗濯機専門店はだませませんここを読んでから布団燥機を買いましょう
終わらない布団のダニ対策 終わりにしませんか?
間違いだらけの布団乾燥機の使い方
売れ筋ランキングを見る前にここを見ろ
間違いだらけの布団乾燥機の実力ダニアレルギー体質の方はハウスダスト、特にダニの死骸やフンが舞い上がり呼吸器官から体内に入り様々なアレルギー症状を引き起こす原因と判明してきました。
その中でも布団の中に潜むダニが原因って方が多いです、ダニ取りシートや掃除機など、あの手この手と皆さん努力しています
この記事は本当にアレルギー体質で、布団の中のダニ対策をしたい方だけ見てください
テレビなどで布団乾燥機ならダニ退治ができますなんて放送されると100%信じる方が多いです、実際本当に効果があるのでしょうか?実験してみましょう

間違いだらけの布団乾燥機ではダニは死なない 常識
今回布団乾燥機を一般家庭の普通の環境で使用してみました
布団乾燥機の一般的な性能 試験条件
 室温  15℃
 部屋暖房  エアコンやファンヒーター、など部屋の加温なし
 床材質 木質  フロ-リング
 部屋の広さ  8畳間
 運転時間  ダニ対策温風 連続2時間
 測定機器 デジタル温度計で測定
布団乾燥機を使い部屋の温度が上昇して乾燥条件が良くなるように部屋の扉はしっかり締め切った状態です

布団乾燥機の使い方が悪いと残念な実験結果になります、それがこれです
 温度測定場所 
布団乾燥機 温度測定上側 温度測定
敷布団と掛布団の間に布団乾燥機をセットし温風吹き出し口より15cm離れた場所にデジタル式温度測定センサーを設置
下側 温度測定
床面 フロアリングと敷布団の間に温度測定センサーを設
 実験から悪い使い方は何も効果がありません 電気代の無駄使い
 布団 温度測定 結果
 スタート前 
布団乾燥機 温度測定 スタート前スタート前の温度
まだ布団乾燥機の電源は入っていません

敷布団と掛布団の間 温度12℃
フロ-リングと敷布団の間温度14℃
 折り返し60分 
布団乾燥機 温度測定 60分ダニ対策時間は120分になります、この温度は折り返しの残り60分時点になります。
 布団の中は59℃でまずまずの温度です、ダニもさぞかし不快な条件でしょう
床面温度は26℃でスタート前から比べ12℃上昇してダニが快適に過ごせる温度になりました。

敷布団と掛布団の間 温度59℃
フロ-リングと敷布団の間温度26℃
 残り23分
布団乾燥機 温度測定 最高温度この布団乾燥機で本日 最高温度60℃になります
ダニは条件が良ければ60℃になれば死滅すると聞きますが、条件が悪いと70℃でないと死滅しないと聞きます、でもここまで温度が上昇すれば満足な結果となりました

敷布団と掛布団の間 温度60℃
フロ-リングと敷布団の間温度31℃
 残念な結果、残り1分 
布団乾燥機 温度測定 終了温度残り1分ラストスパート、布団の間は58℃まで下がりました、3℃位温度の上下を繰り返しながらラストスパートを迎えました、ほぼ60℃近くまで温度が上昇してさすが布団乾燥機、実力を見せつけてくれました

敷布団と掛布団の間 温度58℃
フロ-リングと敷布団の間温度33℃
 布団 温度測定
 布団乾燥機が温める敷布団の表面温度は最高60℃となりダニが死滅する可能性があります
しかし下側はスタート時点の温度と比べると上昇してはいますがダニの住みやすい環境になっています
この結果からするといきなり布団乾燥機で乾燥60℃に達する事はなく徐々に温度が上昇するので、ダニは熱から逃げるため涼しい場所に徐々に移動していく事になります、熱が冷めたらまた餌のある場所に移動してきます。
 間違いだらけのダニ対策の感想
アレルギー体質の方 皆さんの自宅でもこんな感じで使用してみえる思いますので、工夫をしないと布団乾燥機の実力はこんなもんです。
60℃の温度に加熱できるのでダニ退治の効果はありますが、全てまんべんなく熱を通しダニが嫌がる環境ではない事が判明しました、もちろんダニには強烈なパンチはあたえた事にはなりますので、健康な体質な方なら、とてもおすすめになります。
この後掃除機をまんべんなくかけ、 実際に寝てみましたが、軽い失敗をしました、フカフカ寝心地最高でしたが、いったん温めた布団は熱が逃げにくく、寝汗をタップリ布団に染み込ませ、またダニの住みやすい環境を作ってしまいました、布団乾燥機は温風機能以外に熱のない送風モードがあります、布団を冷やしてから寝ることをおすすめします。
 本当のダニ対策はこれだこれでダメなら諦めてください
終わらない布団 ダニ退治終わりにしませんか?さてここからが本当のダニ対策
毎日簡単に布団を乾燥させハウスダストを舞い上がらせない方法を考えなければなりません
次の実験です
皆さんビックリの実験結果です

前回の部屋と同じですが布団乾燥機の性能をひき出すため、ちょっと工夫が施されています
 室温  19℃ 前回よりやや暖かいです
 部屋暖房  エアコンやファンヒーター、などの部屋の加温なし
 床材質  木質 フロ-リング
 部屋の広さ  8畳間
 測定時間  ダニ対策温風 連続2時間
 測定機器 デジタル温度計で測定
掛布団の間に布団乾燥機をセットして温風吹き出し口より15cm離れた場所に温度測定センサーを設置
 スタート前 
布団乾燥機 温度測定 スタート前 スタート前の温度
まだ布団乾燥機の電源は入っていません

敷布団と掛布団の間 温度17℃
フロ-リングと敷布団の間温度18℃
 折り返し60分 
布団乾燥機 温度測定60分経過ダニ対策時間は120分になります、この温度は折り返しの残り60分時点になります。
 布団の中はほぼ56℃でまずまずの温度です、すでにダニはひん死でしょう
床面温度は55℃でスタート前から比べ37℃上昇してダニが逃げ場を失い・・・後は想像してください。

敷布団と掛布団の間 温度55℃
フロ-リングと敷布団の間温度55℃
 残り34分 
布団乾燥機 温度測定 最高温度この布団乾燥機で本日 最高温度57℃になります
前回と比べ温風吹き出し口から温度センサーまでの距離を少し離したので最高温度は58℃で推移しました、逆に床側温度が58℃まで上昇していったん温めると温度は下がりにくいことが判明しました。

敷布団と掛布団の間 温度57℃
フロ-リングと敷布団の間温度58℃
 ビックリな実験結果、残り1分 
布団乾燥機 温度測定 終了残り1分ラストスパート、布団の間は57℃まで下がりました、やはり今回も3℃位温度の上下を繰り返しながらラストスパートを迎えました、58℃まで温度が上昇してさすが布団乾燥機、変わらぬ実力を見せつけてくれました

敷布団と掛布団の間 温度57℃
フロ-リングと敷布団の間温度58℃
どうです実験は嘘をつきません、これが当店の答えです
  この方法なら天日で表2時間裏返して裏面2時間なんてめんどくさい作業無しで、寝室でいつものように布団をひいたまま2時間でダニ対策ができます。
また、アレルギー体質の方は外に布団を干すと、布団に花粉が付着して花粉症を引き起こす原因にもなり、大変苦労されてみえます、この観点からも布団乾燥機を私はおすすめいたします。
布団乾燥 温度測定
結果からフロ-リング敷布団下側も48℃以上 上側敷布団48℃以上となりダニも逃げ場が無くなり、ダニは死滅したと思われます。
 本当のダニ対策の感想
本当のダニ対策はこれだ正しい布団乾燥機の使い方なら表と裏55℃以上に温度が上昇してダニが下に逃げても灼熱地獄、上に逃げても灼熱地獄、ダニを追い詰める温度になりました。
ダニ対策が終わり、掃除機をかけ布団の中で寝てみましたが、不思議なことにカラット感触で、湿度のない暖かさに包まれて前回のように寝汗もさほどかかずにぐっすり眠れました、この事から布団乾燥機を通常の使い方で乾燥させると意外と湿度が抜けず水分が布団の中心部にまだ溜まっているのが分かりました。
たぶん布団の水分保有量が少なければカビの繁殖も防げるのではないでしょうか。
 皆さんどこのメーカーの布団乾燥機が1番効果が得られるか布団乾燥機ランキングで必死に探してますが、いくら評価が高い製品を買っても布団乾燥機の性能をフルに発揮させなければゴミ同然と理解していただけましたでしょか?
 本当のダニ対策 この方法の解説
知識のない方が使うと大変危険です、例えば料理に使う包丁も毎日使う安全な道具ですが、間違えた使い方は大ケガをします、例えば洗濯機にカッパ(雨具)を入れて洗ってはいけないのに洗う方、大けがします、こんな方世の中多すぎます、布団乾燥機の種明かしをするとなーんだそんな事と皆さん言いますが、この技術間違った使い方は危険です
簡単なことなのでテレビやラジオで多くの方に伝えアレルギーの方に活用してもらいたいくらいですが、簡単すぎるがゆえに勘違いして火事になる危険性があり不可能です。
ぜひこの機会に当店にご来店いただき、長い説明をしっかり聞いてから実践してください、悩んでいたダニ対策、めんどくさい布団干し機械のスイッチオンで悩みが吹っ飛びます、なんで悩んでいたのかバカバカしくなります。
※いろいろご相談いただきますが、唯一鉄筋コンクリート住宅は不可になりますのでご了承ください。
ダニ対策が終わったら 掃除機で死骸、フンを吸い取りましょう
アレルギーの方が選ぶ間違いだらけの掃除機選び
 レイコップやダイソンの掃除機爆発的に売れ素晴らしい商品だと私も認めます。
布団掃除機 斬新なアイデア電機業界に新しい風が吹いたような感じです、当店も販売しました
この掃除機、健康の方のみ効果絶大、納得と満足があります。
間違いだらけの掃除機選び
しかしアレルギーの方は最悪な商品です、だって毎日布団掃除機で布団のお手入れ、アレルギー体質の方は小さなダストカップに入ったハウスダストを毎日まき散らさないように取り出しダストカップを掃除しての繰り返し、健康な方はこの苦しみを知らない、だからアレルギー体質の方には当店は販売をひかえております(健康な方にはいつも販売しております)
「それではどんな掃除機がいいの」答えは、まず100Vコンセントで力強く回る掃除機、バッテリー方式は新品時、力強く回りますが年数と共にバッテリーが弱り必ずパワーダウン、明らかにモーターの音が弱いですが、素人はどの辺でバッテリ交換していいのかタイミングが分からない、だからダメ、その点100V電源方式なら長年力強く働きます。
次に、紙パック方式がとても優れています、サイクロン方式はゴミが詰まってないときはよく吸い込みますが、細かいホコリが目詰まりすると極端に吸引力が低下します、外に出てマスクと手袋をしっかり装着、アレルギー物質がたんまり詰まったハウスダスト掃除機の掃除を誰がするのかもめて、結局掃除しません。
アレルギー体質の方は宣伝文句にだまされず掃除機選びをしないと不の連鎖でストレスがたまり、ストレスが病気の症状を悪くしますおきお付けください。
 ダニの餌を洗い流せ
  カビが好き、人間の表皮が好き、血を吸うダニ、煮干しが好きなダニいろいろいますが、根本的にダニの餌があるからダニは居ます。
だったら餌が少ない環境を作ればダニは少なくなります、そこで私はこんな提案をいたします。
布団 敷きパット 健康な方は1ケ月に1度程度の布団カバーと枕カバー洗濯でもへっちゃらですが、アトピー性皮膚炎の方は肌の調子が悪い時期はカサカサボロボロ、かきむしると体液が布団に付着し、皆さん布団カバーと枕カバーをまめに洗い清潔な環境を整え、健康な方の3倍も5倍も気を使って生活してます。
そこで私はいつも提案しています、毎日布団からシーツを外し洗濯して乾かし、シーツの中に布団を入れる、外すのは結構簡単ですが、シーツの中に布団を入れるのは、これ重労働です、私も大嫌です。
簡単な方法が無いか考えた結果布団の上に敷く、敷きパットなる商品を見つけました、タオルケット地の肌触りで布団の4すみにゴムバンドで引っ掛けるだけの簡単アイテム、毎日の洗濯は取り外し取り付けの簡単な敷パットのみ洗濯で、数日おきに布団カバーを私は洗濯しております。
この生活を繰り返せば、布団が清潔でダニの好物 表皮が普通の方より多く落ちるアトピーの方はダニに餌の準備をしている状態ですが、毎日の洗濯でダニの餌、布団の汚れ、多少ダニ自体を洗い流す事も出来ます。
 布団を洗うのは大変だが、敷パットのみなら簡単お手入れ
布団 敷きパット敷きパットは折りたたむとこんなに小さくなります。
布団を毎日洗うのは不可能ですが、この小さな敷パットのみでしたら手軽に洗濯が毎日でもできます。
 洗濯機で手軽に洗濯
60℃温水 洗濯もできます布団 敷きパットは洗濯機で洗いましょう
普段は水でお洗濯しましょう、ダニの餌になる表皮、髪の毛、を洗い流しダニの繁殖しにくい環境を作り、それと共にアレルギー物質、花粉を洗い流す、チョットしたアイデアと工夫で毎日の掃除 洗濯の負担を軽減、見えないからこそ怖い敵を洗い流し、安心感だけで夜眠れます。

敷きパットを温水で洗うとより効果的です。
当店では60℃高温洗濯を実施しております、敷きパットに潜むダニを確実に対策したい方は、60度温水で洗える洗濯機を準備しております、詳しくは当店スタッフに声をかけてください。
 最後まで読んでいただきありがとうございます。
ダニが悪いとか、カビが悪いとか、ハウスダストが悪いので掃除機や洗濯をしなさいと悪意のない簡単な記事を目にしますがダニアレルギーやアトピー性皮膚炎の方、ぜんそくの方、アレルギー疾患の方にお会いするとノイローゼになるくらい掃除や洗濯をしています、そんな事書かなくても分かってます、その負担を改善する方法、手がかりになる記事を必死に探しています
本当に知りたいことは効果があるのか無いのか自分に当てはまるのか入らないのかが知りたいのです
むやみに不安をあおる無責任な記事はやめてほしいです。
当店は岐阜の洗濯機専門店です、小さな店ですが皆様のお役に立てればと思い、本当に大切な情報をだけを発信しております。
洗濯機取付
こだわり 洗濯機 取付
水受け板 取付

洗濯機担当者
洗濯機担当 の西谷です、洗濯機のことなら何でもお任せ下さい

タイプ別洗濯機 お掃除
縦型洗濯機 洗浄
ドラム洗濯機 洗浄
アトピー ぜんそく アレルギー 洗濯機洗浄
アトピー ぜんそく アレルギー 布団乾燥機でダニ対策

洗濯機は購入後が決めて
洗濯機修理が得意な
工事屋さん
洗濯槽クリーナー
干す場所も作っちゃいます
分解異物除去

洗濯機選び
汚れの落ちる洗濯機
洗濯機 機種選択
洗剤選び
頑固な汚れは漂白剤
トップページ匠の工事洗濯機 クリーニング購入の仕方会社案内