幸せ洗濯機 生活
洗濯機 トップページ 匠の工事 購入から取付完了の流れ 購入依頼 会社案内
洗濯機専門店の洗剤選び
 暮らしに便利な洗濯機専門店、こだわりの取り付けから、洗濯の豆知識が詰ってます
洗濯機専門店が教える洗剤選び
洗剤どれにします、液体洗剤?粉洗剤?ジェルボール?

液体洗剤、粉洗剤、ジェルボールどれが自分の洗濯生活に合っているかここでは考えてみます
仕事柄、洗濯機の納品に伺うと、1種類の洗剤で洗濯している方は1人もいません複数種類の洗剤が洗濯機の周りに所狭しとおいてあるのに驚かされます
皆さん次から次へと色々な種類の洗剤を試されているみたいですね
よく観察すると液体洗剤が流行で多いみたいです、次にジェルボール、次に粉洗剤みたいです、またテレビCMの影響でCM宣伝の洗剤が多いのも確かです。
しかし洗濯機専門店から見ると、どの洗剤でも全ての汚れが落ちるわけではありません
皆さん洗剤をどう選んでいいのかわからないので、テレビCMの宣伝で驚きの洗浄力なんて放送されると買う方、特売商品を買ったり、香りが良く買ったり、パッケージのかわいらしさ も女性には重要で選ばれる要因です
しかし洗剤は粉末、液体、ジェルボール使い方や用途が違う事を知らずに使っている方が多いです
当店は洗濯機の専門知識があるのは当たり前ですが、洗剤も重要なアイテムと考えここでは本当の洗剤の使い方をお伝えいたします。
アンケートを元に洗剤に求められる事を考えてみました
汚れを落とす洗剤、それとも除菌消臭できる洗剤、香りの洗剤
2005年に60歳以下既婚女性に洗剤についてアンケートを取ってみました 次に項目から洗剤に求める事は何ですか?項目内容はこちら
1.洗浄力
2.除菌
3.臭いが取れる
4.香りがいい
5.すすぎ1回

以上 5項目を2005年にアンケートを取るとこんな結果が出ました
1位 洗浄力
2位 臭いが取れる
3位 香りがいい
4位 除菌

でした
ちなみにすすぎ1回はまだ発売されておりません(2010年ごろから発売)

2005年ごろは汚れを落とし白く洗いあげる洗剤が好まれましたが
ここ近年のアンケートはどうでしょうか
1位 臭いが取れる
2位 除菌
3位 洗浄力
4位 香りがいい
5位 1回すすぎ

だそうです、アンケートからはっきりと読み取れるのは消費者ニーズは除菌消臭に意識が傾いてきています、驚きは洗剤なのに洗浄力が3位まで落ちてきています私なりに分析すると、洗浄力は2005年より今の洗剤の方が汚れがよく落ちるので消費者は知らない間に洗浄力は気にしてないのかもしれませんね、ですがここではまず洗浄力を説明していきます。
それでは洗濯機専門店が教える洗剤選びスタート
まず無難な洗剤が液体洗剤です

PHペーハーが中性で肌に優しく、界面活性剤入りでそこそこ汚れが落ちる
洗濯物の量や汚れに合わせ好きな分量投入でき洗剤革命ですね
すすぎが不十分でも肌の弱い方は別として安心ですね
うれいいのが冬の水温が低い時期にも水にしっかり溶け洗浄力を発揮してくれます
やはり売れている洗剤NO1 使いやすいですね

ジェルボール洗剤

2010年ごろから発売された毎回1袋ずつ洗濯機に入れるだけ、洗濯物の量や汚れ具合なんて考えなくてもいいスーパー洗剤
液体洗剤や粉洗剤のようにこぼしたり服に付いたりやっかいな事が何もない、とにかく毎回1袋洗濯機に入れるだけ
長年洗濯機専門店としていろいろ革命を見てきましたが、ここにたどり着くと思いませんでした
液体洗剤と同じPHペーハーが中性で直接洗剤が肌に触れないまま洗濯機の中に投入できるので肌の弱い方にお勧め
万が一すすぎが不十分でも肌の弱い方は別として問題なさそう
やはりうれいいのが冬の水温が低い時期にも水にしっかり溶け洗浄力を発揮してくれます
問題があるとすれば値段がいまいち

粉洗剤

洗剤の中では1番嫌われ者が粉洗剤
PHがアルカリ性で肌の弱い方は計量スプーンで肌に直接触れないように洗濯機に入れなければなりません
洗濯物の量に合わせキッチリ計量してから投入
液体の場合たれても雑巾で拭くか旦那さんの靴下で拭いてそのまま洗濯機に入れれば問題ないですが、粉洗剤は粒が小さくこぼすと散乱して掃除機で吸い取らなければならず、私も経験があります
そして粉洗剤の最大の難点が水に溶けにくい、冬場水温が低い場合は溶けきれない洗剤が服に粒粒が付着します
服に残るという事は洗剤が溶けていません、解けていないという事は、汚れが落ちず洗濯できていません、私も経験があります
なぜこんな洗剤が発売されているのでしょうか
実はその答えは洗浄力にあります、
粉洗剤のスゴイところは、液体洗剤より、ジェルボールより洗浄力があり黄ばんだ服もキレイに洗い上げる洗浄力があるからです
手間はかかるが白さが違う優れものそれが粉洗剤です
汚れが1番落ちるなら仕方ありません使ってみましょう、夏場水温が高い場合は、まず問題なく直接洗濯機の中に洗濯物と同時に入れればいいのですが、問題は冬場の水温の低い時期、これは人それぞれやり方が違いますが、まず洗面器などに洗剤と水または暖かいぬるま湯を入れかくはんした洗剤を洗濯機に入れる方法
まとめ
  普段の家事を時短生活するためには、ジェルボールがおすすめ液体や粉洗剤のような計量して洗濯機に入れるめんどくささがない 劇的洗浄能力はないが普段の生活汚れなら問題なく落ちる、
次に液体洗剤、水溶性で水によく溶け、ジェルボールと同じ特別洗浄力が高い訳ではないが普段の生活汚れなら落ち、すすぎ1回なんて洗剤もあり水道代、電気代、時間節約ができコストパフォーマンスに優れた洗剤もあり液体洗剤が好まれております
最後に粉末洗剤、粉末粉洗剤は汚れ落としのプロ、時間がある休日に白さと黄ばみ落としに活用がおすすめ、冬場は水に溶けにくいのである程度ボールで洗剤を溶かし洗濯機に入れるといいですね
洗濯機取付
こだわり 洗濯機 取付
水受け板 取付

洗濯機 担当者
洗濯機担当 の西谷です、洗濯機のことなら何でもお任せ下さい

タイプ別洗濯機 お掃除
縦型洗濯機 洗浄
ドラム洗濯機 洗浄
アトピー ぜんそく アレルギー 洗濯機洗浄
アトピー ぜんそく アレルギー 布団乾燥機でダニ対策

洗濯機は購入後が決めて
洗濯機修理が得意な
工事屋さん
洗濯槽クリーナー
干す場所も作っちゃいます
分解異物除去

洗濯機選び
汚れの落ちる洗濯機
洗濯機 機種選択
洗剤選び
頑固な汚れは漂白剤
トップページ匠の工事洗濯機 クリーニング購入の仕方会社案内